フレスポ鳥栖の近くにある珍しいラーメン屋、てーる10(佐賀)

こんにちは、トミーです😊

私は現在、仕事の関係上、鳥栖に在住しています。

本格的に起業の準備をするため、2月をもって退職します。

約1年間という短い間でしたが、鳥栖には色んな思い入れもあります。いざ辞めるとなると、名残惜しいと思ったりもしますが、これは自分が決めたことなので仕方がありません。

残りの短い鳥栖ライフを満喫したいと思います!

ということで・・・❗️

鳥栖のずっと行きたかったラーメン屋さんに行きました‼️

ラーメンとはいっても今回はなかなか珍しいラーメンをご紹介しますよ😎

豚骨ラーメンでもない、醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメンでもない!

てーるらーめん

今回紹介する店の名前は、てーる10

何やねん!?って思ったそこのあなた!これからしっかりご紹介させていただきます💁‍♂️

そもそもてーるらーめんとは何ぞや?

まずてーるらーめんの存在を知らない人も多いと思うので、簡単に説明しますね!

てーる ➡︎ テール ➡︎ tail ➡︎ 尻尾

まぁ、つまりは尻尾のことです!

何の尻尾か・・・

牛の尻尾です。

white and black cow

牛の写真載せたら生々しいですかね、すみません😂

牛の尻尾は、煮詰めると出汁がたっぷり出てきます。

牛の尻尾からとれた天然の出汁は、あっさりしてて優しい味なんですね🤤

てーる10について

てーる10はショッピングモールのフレスポ鳥栖の近くにあり、少し細い路地に入ったところにあります。

元々、本店は大牟田にあるようですね。

ラーメン屋さんですが、ランチタイムは営業していませんのでご注意を❗️

夜限定というのも希少価値を感じます🌝

⬆︎てーるらーめん10の外看板

こちらは、てーる10の外看板。結構黄色で目立っているのですぐ気づくと思います。

外の入り口を入ると、通路があります。深夜にも関わらず、多くのお客さんが食べに来るラーメン屋さんです。

絶対美味しいはず・・・

お酒も飲めるラーメン屋さんで多くのお客さんは呑んだ後の〆に来る客が多いんだとか・・・

店内への入口

こちらは通路から店内に入る扉です。

満席の場合は、通路にある椅子に腰掛けて順番を待ちます。

それでは早速中に入っていきましょう。

⬆︎店内の雰囲気

さほど広くはないですが、昭和の雰囲気があり、サガン鳥栖や久光製薬のポスターが貼られていることから、地元愛を強く感じました。とてもゆったりと落ち着く空間でした。

席数は34席。カウンター8席とテーブル6卓ですね。

メニューについて

⬆︎メニュー

一品料理のメニューもありましたが、今回はてーるらーめんのみに絞ります。

てーるらーめんだけでこの数。

6種類あります。

どれも魅力的でしたが、一番人気のシンプルなてーるらーめん(750円)を注文しました👍

メニューにもありますが、牛テール100%のスープとうたっています。

因みに女性人気のてーるらーめんは、クリームパスタ風のホワイトてーる(850円)だそうです🙋🏻‍♀️

てーるらーめん実食!

⬆︎てーるらーめん

いたってシンプルな具です。

写真からも伝わるあっさりとした優しいスープ。

しかし、食べてみると意外とコクもあります。

中太麺なので、ツルッと食べやすい😆

替え玉(120円)もして、「ご馳走様❗️」

・・・ではありません。

残ったスープでクッパができます。

海苔と白飯です。こちらは追加料金はなしでいただけます。

海苔の風味とテールスープが抜群のコンビでした🙆‍♂️

地図と営業時間

【営業時間】19:30〜2:00 不定休