鳥栖田代にある細い道に佇む有名うどん店、とす麺之介(佐賀)

2020-01-05

こんにちは、今回はうどんの紹介をしていきます!

場所は、佐賀県鳥栖市にあるお店、とす麺之介のご紹介です。

鳥栖はうどん店が点在しており、人気店も多くあります。私のブログでもかつみ屋をご紹介しました。

今回紹介するとす麺之介も有名店の一つ。

早速紹介していきたいと思います💪

とす麺之介について

⬆︎とす麺之介

踏切を渡って細い道の通りにあります。

JR田代駅から徒歩5分です。

赤い入口の門が見えたら目印です💫

とす麺之介は、津田流豊前裏打会の店舗の一つです。

豊前裏打会とは、北九州の小倉南区でうどんを愛する男たちによって作られた組織。

麺にこだわり、修行を受けて許可をもらわないと名乗れないと言われています。

入口にはしっかり豊前裏打会の文字が刻まれています。

左の方に描かれた絵と文です。

どうやら創作うどんの穴子ぶっかけが名物のようですね🤔

早速中に入っていきましょう。

メニューについて

⬆︎メニュー

結構種類が豊富です😂

店内スタッ曰く、

普通の温かいうどんなら・・・ごぼう天うどん
ぶっかけうどんなら・・・あなごぶっかけ

先ほど書いたあなごぶっかけが気になりましたので、あなごぶっかけを注文しました。

あなごぶっかけ(780円)に大盛り(120円)をして、ミニ丼(320円)を注文しました😄

因みに、ミニ丼は、カツ丼、牛丼、とり天丼、天とじ丼から選べます。

今回私はとり天丼を選んでいます。

あなごぶっかけ食す!!

⬆︎ミニ丼のとり天丼

こちらがミニ天丼になります。

いたってシンプル。とり天の上に甘辛いタレをかけています。

正直に申しますと、ミニ丼クオリティでした😂

⬆︎あなごぶっかけ(大盛)

こちらがあなごぶっかけです。

器が大きいので見栄えもいいですね😆

では早速ぶっかけていくぅぅぅぅ〜〜〜〜!!!!!

まずは麺の感想から・・・

麺は、もちもちしていて透き通っています。

何に近いかといいと、呼子のイカみたいな・・・

なんとなく伝わりますかね?😅

昔よく食べていた、牧のうどんのような麺とは全く違うタイプでした。

大根おろしによってあっさりしていて喉をスウッと通るのが分かります😊

そして、本命のあなごについては、まず見た目が大きいですね!大盛りの器からはみ出しています😂

衣はサックサク。

中身のあなごはプリプリしています。噛むとふわふわしていくので実際に食べてみてこの食感を感じてみてください😎

サクッ➡︎プリプリッ➡︎フワフワ

こんな具合です🤤

そして、ぜひここでして欲しいのが、唐辛子です。ただ辛いだけではありません!

右4つの唐辛子は見たことがないって人もいるかと思います。

なぜなら、豊前裏打会限定の唐辛子だから!

辛いの苦手な方でも辛さのレベルを抑えればそんなに辛くありません。

私のオススメは黄柚子ごしょう。

柚子の香りがしてぶっかけにとても合いました。

お好みの辛さで試してみてください💁‍♂️

場所と営業時間

営業時間は入口を見てくれたら分かったと思いますが・・・

11:00〜15:00(オーダーストップ14:45)
17:00〜20:00(オーダーストップ19:45)